日本三大セフレサイト
無料で登録できで、しかもセフレ作り放題

 

ホ別でいちご(ホテル代は別料金で、1万5千円)といった独特な表現、これは「割り切り」と言われるものです。女子高生の援助交際と同様、出会い系サイトでもこういった金銭目的の性交渉に励む女性は多いです。印象としては、せふれ作りが目的の女性の5倍はいます。それほどポピュラーな出会いのカタチ「割り切り」ですが、色々とメリットデメリットがあるようです。

 

まず、デメリットとして一番大きいのは、虚しさです。風俗に行くかのようなその感覚は、男性にはとても虚しく感じるでしょう。セフレだってそうだ、と言ってしまえばそれまでですが、やはり金銭の受け渡しがあったり一度きりの関係だったりという部分が、せふれとは決定的に違います。
さらに、危険なことは、こういった割り切り関係を求める女性の中には18歳未満の女性もいるということです。せふれを求める18歳未満の女性は少ないですが、援助交際気分で出会い系サイトを利用している人は少なからずいます。まずはセキュリティのシステムなどがちゃんとしている大手優良サイトを利用することが最前提ですが、もし万が一そういった女性にであった場合は、困るのは男性側なので、きちんとお断りすることにしましょう。

 

メリットはその手軽さです。金銭を渡すだけで、ほぼ条件もなく、気が合うかも関係なく、たくさんの交渉を経なくてもすぐにセックスができます。お互い目的がはっきりしているため、干渉も少なく、女性にとっては安心でしょう。男性も、重い関係にならなくて済むため、ある意味では究極のセフレと捉える人も中にはいるかもしれません。また金銭を渡したという強みがあり、女性に対して上から接することができるのも、場合によってはプラスと考えることもできるでしょう。

 

メリデメを天秤にかけてよく考えた上でなら、たまには割り切ってみるのもアリかもしれませんね。